フリーダイビング&スキンダイビングチーム リトルブルー

http://littleblue.biz

フリーダイビングとは?

・・・一言でいうと酸素ボンベを使用せず潜る素潜りのことです

「フリーダイビング」を一言でいうと、酸素ボンベを使用せず潜る素潜りのことです。

ただ、素潜りにもいろいろな種類があり、「スノーケリング」「スキンダイビング」などがありますが、「フリーダイビング」は素潜りの中でも競技性の強いものを指します。

つまり、レジャー感覚で水中を楽しむスキンダイビングなどよりも、深く、長く潜り競技性の強いものとして「フリーダイビング」があります。競技を楽しむために、正式なルールが整備され、世界大会も開催されています。

また、フリーダイビングと同類の意味で「アプネア」とも呼ぶ場合もあります。「アプネア」とはラテン語で「息こらえ」とか「無呼吸」の意味だそうです。海外ではどちらかというとアプネアのほうが一般的のようですが、日本では「フリーダイビング」と呼ぶことが多いです。

競技の種類

フリーダイビングは大きく分けて海洋競技とプール競技に分けられます。

海洋競技はフィンを着用して潜行深度を競う(コンスタントウェイト・ウィズフィン)、素足で潜行深度を競う(コンスタントウェイト・ウィズアウトフィン)、バリアブル、ノーリミットが有ります。

プール競技はフィンを着用して横に泳いだ距離を競う(ダイナミック・ウィズフィン)、素足で横に泳いだ距離を競う(ダイナミック・ウィズアウトフィン)が有ります。

単純な息止め(スタティック)はプール競技と一緒に行われる事が普通ですが、波の無い場所であれば海や湖やでも出来ます。

海洋種目

画像

コンスタントウエイト・ウィズフィン  Constant Weight With fins(CWT)
呼吸を止め、フィンをつけて自身の泳力だけで垂直に何メートル潜れるかを競う。
潜水中、ウェイトの量を変えてはならない。
またガイドロープをつたって潜降、浮上してはならない


コンスタントウエイト・ウィズアウトフィン Constant Weight Without fins (CNF)

呼吸を止め、フィンをつけることなく自身の泳力だけで垂直に何メートル潜れるかを競う。
潜水中、ウェイトの量を変えてはならない。
またガイドロープをつたって潜降、浮上してはならない。


フリーイマージョン Free Immersion (FIM)
呼吸を止め、フィンを装着せずにガイドロープをつたって垂直に何メートル潜れるかを競う。
潜水中、ウェイトの量を変えてはならない。

ヴァリアブル ウエイト Variable Weight (VWT)
ザボーラという乗り物に乗って潜降し、ロープを手繰って浮上する。
潜水中、ウェイトの量を変えても良い

ノー・リミッツ(NLT)
ザボーラという乗り物に乗って潜降し、浮上する。
浮上にエアリフトなどを使用しても良い。また浮上にガイドロープをつたっても良い。

プール種目

画像

ダイナミック アプネア ウィズフィン
Dynamic Apnea With fins (DYN)
呼吸を止め、フィンをつけて泳ぎ、水平に何メートル潜水できるかを競う。

ダイナミックウィズアウトフィン
Dynamic Apnea Without fins (DNF)

呼吸を止め、フィンをつけること無く泳ぎ、水平に何メートル潜水できるかを競う。

 

スタティック アプネア
Static Apnea(STA)

呼吸を止め、水面に浮き、その時間を競う。
身体の動きは一切せず制止した状態で、どこまで息を止められるかを競う競技。
単純ではあるが、精神状態や瞑想の深さが結果に大きく左右し、奥の深い競技。

動画などはこちらをご覧下さい!(Junkstage「人魚の武者修行」へリンク)

text by Takeshi Otokita